「わたし」でいるための物語

わたしでいるための勇気を持つ。ひとりひとりの物語がある。

努力することは成長すること

子育て情報
質問でわかってきた

才能や育った環境によるのか?

塾で子供と接していて、障壁を感じることがあります。

それは何かというと、「育てられ方」とか「生まれもったもの」など関係なく、人は努力し続けることでずっと成長できる、ということが通じないことです。

プロセスを褒めて育てる

スタンフォード大学のキャロル・ドゥエック教授が、学生たちの中にすぐあきらめる人と、能力的には変わらないのに、粘り強く努力している人の差に疑問を持ち研究した結果「できない理由の捉え方」の差が原因であることを突き止めました。

捉え方には大きく分けて以下の2つがありました。

1,成功は、生まれ持った才能や頭の良さの結果だと信じる子

2,成功は、一生懸命がんばった結果だと信じる子

1番の考え方の子たちの場合は、挑戦を避けるのだそうです。失敗すると追い詰められたと感じるからです。そして、この考えを導くのが「才能・人格・結果を褒める」ことだというのです。

「勉強することで、自分ができる子であることを証明したい」

「努力することは、自分の頭がよくないと認める気がする」

こういう風に思っているようなのです。

一方、2番の子たちの場合は、知性は努力によって身につくと信じています。挫折したときは、もっと時間と努力を積み重ねれば、乗り越えられると信じているのです。そして、この考え方を導くのは「プロセスを褒める」ことだそうです。2番の子たちは、

「授業で新しいことを学ぶことのほうが、テストで学年1番になることよりも大切なこと」

「がんばればがんばっただけ上手になる」

と思うというのです。

実際、脳は「トレーニング」と「新しいことを学ぶ」ことで、何歳になっても成長すると最近の科学で証明されてもいます。

思い込んでいる

教室でも1番の考え方に固執している子たちに出会います。このタイプの子たちも、教室で決して頑張っていない訳ではありません。ただ、頑張ることにネガティブな状態がくっついています。焦っていたり、追い詰められていたり、自分を卑下していたり。努力して結果を出すのも自分の価値を証明することだと考えてしまっています。結果を出すことの意味も、短期的なものが多いです。

一方で、2番目のタイプの子たちは、楽しみを見出せたり、努力自体が好きだったり。挑戦することに意欲的で、新しいことを受け入れるのが好き、なのです。そしてこれまでにも、失敗や挫折を乗り越えて来ていて、自分の努力の価値が、未来につながると信じているように見えます。

親として、人として

私も塾としても親としても、私自身の生き方としても2番のタイプの考え方が大切だと考えています。ですから塾でも「プロセスを褒める」ことに力を注ぎたいと考えています。2番のように考えられる子たちを増やすのがSmileSchoolだと信じて開業からこれまで、やってきています。親として私自身もついつい「期待していた結果」や「それ以上の結果」が出たと思うと「すごい!」とか「才能がある!」と思わず言ってしまいます。しかし、子供がその陰でしている「努力」とか「費やした時間」「粘り強さ」といった「プロセス」を褒めるべきだったと反省することがあります。

私自身も、新しいことに挑戦すると、失敗や挫折などは、しょっちゅうのことですからね。でも、それは成長中の証。弱い自分や小さい自分を見つめるから「成長を楽しめる」気がするのです。上りきったと勘違いしたら、努力も成長も意味を感じなくなりますね。あきらめずに粘り強く。ただ言うだけではなく、自分の生き方を「実践」で子供に示せたら、と思っています。同じように、塾に来る子たちにも伝えていきたいと思っています。この考えに共感をしてもらえるのでしたら、お父さんお母さんにもご家庭で実践してもらい「プロセスを褒める」を一緒に広めてほしいです。

引用:「いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55」 トレーシー・カチロー=著

コメント