「わたし」でいるための物語

わたしでいるための勇気を持つ。ひとりひとりの物語がある。

塾には必要ない!?

塾での実践から
勉強の合間に

科学雑誌Newtonを

最近、教室にはこんな読み物も用意しています。

手にとる子は、まだそれほど多くありません。

お迎えの時間が遅れているときや、隙間時間に目を通す子がちらほら。

それでいいと思っています。

でも、ここには中学生でも、まだ知らない何かが沢山あるはずです。

それに出会うことで、ある子の人生に大きな変化が起こるかもしれないし、何も起きないかもしれない。

なのに、なぜだか教室にこういうものを用意する自分がいる。

心の奥で、ドキドキしたりワクワクしている自分がいる。

なんだろう、この期待感は。

ちなみに、今月のテーマは

①マルチバース宇宙論 

②生命の惑星は見つけられるか 

③本物の臓器は作れるか 

④日本人はどこから来たのか?

などです。

追伸:最近、ホームページをリニューアルし投稿をメールでお知らせ出来るようになりました。ただ、まだ馴れていないせいでホームページ編集が投稿として夜遅くに送られてしまったりしてご迷惑をおかけしました。 ようやくシステムが理解でき、誤送信は防げそうです。改めてご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。(汗)ちなみに今回は誤送信ではありません。