大阪北部地震

お亡くなりになられた方々に追悼の意を表し心よりお悔み申し上げると共に

被災されたすべての方にお見舞い申し上げます。

準備はしておく

私事で恐縮ですが、うちは長男がインスリン注射が出来ないと命に関わる病気のため、災害時の情報などを日頃から集めております。

実際に東日本大震災や熊本地震で被災された同じ病気の方の経験によるとライフラインの確保もですが、命をつなぐための薬を手に入れるのが大変だったり医療現場が機能しなくなることもあったらしいです。

予備の薬は常に保管していますが、突然の災害時には紛失したり取りに行けないことも考えられます。

実際に被災した方のアドバイスによると「3日間持ちこたえられれば活路はひらける」そうです。

今回の大阪北部地震で、いままさにこの3日間をなんとかしようと懸命な方々がいるかもしれないと思うと他人事とは思えません。

先日は長野県北部でも地震が起きていますので、決して不安をあおるつもりはありませんが、少しでも役に立つ情報があれば皆さんと共有したいと思いました。

東日本大震災という私たちにとっては未曽有の災害を経験していますから、被災された方の経験や知恵、アドバイスを無駄にせず広く伝え合うことで、多くの命を守りたいですよね。

たとえば

モバイルバッテリーは役立つ。

災害時はLINEやTwitterなどのSNSによる連絡手段のほうが有効なため、スマホの充電は重要。電気がストップしてしまうと、スマホの充電のできる場所は長蛇の列となるそうです。電源が無くても使用できるバッテリ式がいいですね。

災害にあった時には家のお風呂に水をためておく

教室でも冬に水道が凍ることがありましたがトイレがとにかく困りました。これだけで「水」を確保する重要性を身近に感じました。実際、災害時は飲料水だけでなく生活用水の確保が大変なようです。お風呂に前日の残り湯があれば、それを貯めておくだけで数日はしのげますよね。

ほかにも

いろいろな知恵があると思います。万が一に備えて日頃から家族で話し合っておき備えておきましょう。

ちなみに我が家では日頃キャンプをしますので、キャンプ用品(テント、寝袋、調理道具、焚火台など)は災害時にも役立つと考え、すぐに使えるよう保管しています。

学習塾とは全く関係のない話題のようですが命に関わることなので、情報を共有できればと思いました。