安心と癒しを

安心して通塾してもらうために

入退室お知らせメール

学校帰りに直接来る子。自転車で自分で通う小学生。5キロ以上の道を自転車で通う中学生。頑張っているお子さんを支える親御さんに、安心してもらうために。当塾では「入退室メール」のシステムがございます。

指導報告メール

教室での勉強の進捗やお子さまの様子をメールで報告しています。また指導の方向性などをその都度お伝えしながら親御さんにご理解を仰ぎ、指導を進めて参ります。

脳の疲れは子供たちも~癒しの教室~

大人もストレス社会。大人に余裕がないからか、それとも時代背景なのか。

いま子供たちはとても疲れやすいんです。

勉強はとくに脳の疲れがあると大変。

脳が疲れている子が増えていますが、それだけ頑張っている証でもありますね。

そんながんばる子たちに、すこしでも安心できる空間を。

当塾は10年変わらずに続けてきたアロマ・ヒーリングミュージックに加えてマインドフルネスという集中を高め、ストレスに強くなるプログラムを実践します。

勉強のこと・子供のことを真剣に考える教室の想いは、こういう部分にも当然反映してきます。

マインドフルネス

 

部屋の明るさ

昼光色のほうが交感神経が優位に働き、仕事や勉強には向いていると言われています。

しかし当教室はあえて電球色の暖かい色を採用。

電球色は副交感神経が優位になり、リラックスできるのです。

教室の滞在時間は主に夜ですから、子供たちの体調を考えると電球色がベスト。

昼白色だと、寝つきが悪くなったり興奮状態になってしまうので、疲れやすいのです。

その代わり教室内の明るさは十分にして、リラックスの中でもしっかり学習意欲が出るようにしております。

 

アロマテラピー

それほどきつく香らない、柑橘系のアロマオイルに。リフレッシュしやすく。

ミュージック

教室は、実は音が目立つんです。疲れていると気になる声や雑音。

そういう音を、調和してくれるのがリラックスミュージック。

とくに脳の疲れをとるというエビデンスに基づき「ゆらぎ」のある自然界の音のミュージックを中心に。

ときどき教室の空気を換えたいときには「音」を変えたり。

脳の疲れは「一定」ではなく「ゆらぎ」で解消するので。